PROFILE

ヌリッティアンジャリ舞踊団

《ヌリッティア=踊り》と《アンジャリ=祈り》という二語からなる当舞踊団は、日本人とインド人が共に踊ることで、「舞踊には国境も言語の壁もない」というメッセージを発信すべく、多くの舞台でインドの踊りを披露し続けています。

現在ヌリッティアンジャリ舞踊団は、南インド・タミル地方の民俗舞踊であるパライアッタム(太鼓舞踊)、カラガッタム(壺ダンス)、クンミ、オイラッタムなどを習得し、ジャンルを越えて舞踊団の活動の場をさらに広げています。

ヌリッティアンジャリ舞踊団

MEMBER

黒川 妙子

1980年以降、ヴァサンタマラ印度舞踊研究所のシャクティ師、グル・ダクシュナムルティ師、ギャネンドラ・バジパイ師よりバラタナティヤムの指導を受け、舞踊団の一員として日本各地、英国、フランス、オーストラリア、中国、インドなどで公演。2000年、大阪大学で《南インド・タミルナードゥ州・ダリットの太鼓文化「タップ」研究》にて博士号取得。財団法人ユネスコ・アジア文化センターで14年間勤務した後、国際識字文化センターの事務局長として活動。アジア文化交流事業を行うディンディガル・ベル社にて出版・芸能イベント企画などにも携わる。インドをはじめとする民俗舞踊の研究、パライアッタム太鼓舞踊の日本での普及につとめている。

武藤 透子

金融機関勤務の多忙なスケジュールの中、ギャネンドラ・バジパイ氏の下で厳しい訓練を重ねた後、バラタナティヤムへの敬意と熱意を失わず日々練習に取り組む。舞踊団では新たにパライアッタム太鼓舞踊も習得し、技術的なアプローチで新しいアイデアをもたらすことに貢献。マンドリン演奏で培った音楽的センスと抜群のリズム感を舞踊にも活かし、常に完璧さを追求しようとする真摯な姿勢が踊りの中に伺える。(by Vinayak)

窪田 汐里

幼少の頃より踊ることが好きで、クラシックバレエ、モダンダンス、バリ舞踊等に親しむ。またインド文化にも興味を抱き、タミルナードゥ州のシャクティ舞踊団の活動に共感、パライアッタム太鼓舞踊への憧れから、2011年に黒川妙子を通じてヌリティアンジャリ舞踊団に参加した。さらにカフェの運営や料理教室を主宰するなど、ダンスと同様食にも情熱を注ぐ。「ダンスも料理もリズム感が大事!」をモットーに活動中。

FORMATION

舞踊団設立メンバー

ヌリッティアンジャリ舞踊団は、インド政府より招聘された、南インド古典舞踊バラタナティヤム舞踊家兼講師であるギャネンドラ・バジパイ氏の門下生、並びにバラタナティヤム愛好者により、2009年5月に結成されました。設立メンバーは黒川妙子、サンディア、武藤透子、鈴木朝子の4名ですが、その後もメンバーの更新を経て、現在に至ります。

ヌリッティアンジャリ舞踊団設立メンバー
ヌリッティアンジャリ舞踊団設立メンバー

サンディア (設立名誉団員)

ナタラージャ舞踊学校創立者で優秀な指導者ヴィドゥシ・シーマ・バグワット氏の下、カラクシェトラ流バラタナティヤムの訓練を積み、デビュー舞台のアランゲトラムでは、芸術を愛する大勢の観客を魅了した。その後バンガロール大学で舞踊学の修士号を取得。来日時はタンジャヴール流のギャネンドラ・バジパイ氏の指導を受け更に技術を磨き、国内の様々な舞台に出演。さらに舞踊団設立メンバーとして豊富な経験とアイデアを投入し、パフォーマンス向上に貢献した。現在はインド在住。

鈴木 朝子 (設立名誉団員)

スポーツ愛好一家に生まれる。優れた身体能力を駆使し習得困難なバラタナティヤムのニュアンスを巧みにとらえる。ボランティアの仕事で訪印した際に同国とその文化のとりこに。2007年ギャネンドラ・バジパイ氏の門下生となり訓練を受けつつ、東京近郊で開催される様々な舞台にも出演するようになる。バラタナティヤムに熱心に取り組む踊り手として、舞踊団設立から主力メンバーとして活躍した。

平本 千夜子 (名誉団員)

2009年10月、タミル・フォークダンスのワークショップに参加し、シスター・チャンドラとシャクティ舞踊団の活動に感銘を受ける。これを機に、翌年よりヌリッティアンジャリ舞踊団に参加。舞台ではクンミおよびパライアッタムを踊る。また北インド古典舞踊カタック(ラクナウ派)の踊り手としても、中島さち氏・森脇和代氏の指導を受けながら活動している。本サイトに数々の写真を提供している。